野菜が嫌いな子供は多いですよね。
しかし子供は成長期だからこそ、しっかり栄養のバランスの取れた食事を食べさせたいところです。
そのため野菜嫌いな子供にお勧めしたいレシピが野菜スープです。

野菜炒めは食べにくい

例えば野菜が一度にたくさん食べる事が出来るからと野菜炒めを作るとします。
野菜炒めの場合は野菜そのものの味も濃く、また野菜はカットしていてもその大きさも気になります。
つまり野菜嫌いの事もにとって野菜炒めは苦手なレシピだと言えるでしょう。
それに野菜炒めだとかなりの量を食べるので、たくさん野菜を食べさせられたという気持ちになるはずです。

野菜スープは食べやすい

対して野菜スープは野菜炒めに比べると煮込んでいる分、野菜がしんなりとなるためにそれほど量を食べている気持ちにはなりません。
また野菜を小さくカットすれば、苦手な野菜も気にならなくなるでしょう。
そして野菜が好きな人なら野菜そのものの味を楽しむためにスープは薄味でもいいのですが、野菜嫌いの子供なら味付けは濃くしましょう。

例えばクラムチャウダーなんて事もは大好きな味です。
他にもカレースープもカレーの味に紛れて野菜の味があまりしません。
それから優しい味のする中華ベースの卵スープにとろみをつけると美味しいですよね。

女性に最適なたっぷり野菜スープ

最近コンビニでもカップのスープが人気がありますよね。
コンビニのおにぎりだけじゃ味気なくても、スープがつくと身体が温まってほっこりしますよね。
ただ、カップスープでは、その性質上ドライフードが少ししか入っていません。
もっとたっぷり野菜を入れたスープを飲んでみませんか?

野菜スープの魅力とは

野菜スープの魅力とは、その1杯でたくさんの野菜を摂取する事が出来るので栄養のバランスの取れた食事になるという点です。
食物繊維も豊富なので便秘が解消したり、また野菜スープを飲むと身体の中から温まるので冷え性の解消にもなります。
そしてスープはお腹に溜まるのでダイエットメニューとしても最適ですし、美肌効果も期待出来ます。
つまり野菜スープは女性に嬉しい作用がたくさんあるという事です。

野菜スープは調理が出来なくても出来る

しかし女性と言ってもみんながみんな料理が得意なわけではありません。
ですが野菜スープなら日頃料理をしない人でも、失敗せずに作る事が可能です。
味付けだってコンソメスープの素を入れればOKですので、簡単です。
野菜をカットし、後はゆっくりコトコト煮込むだけです。煮崩れしても平気です。
野菜が溶けてもスープに栄養が入っているので、全然問題ありません。

バリエーションや野菜の素材にこだわる

野菜スープの食材はどんな野菜を入れるかなんて決まっていません。
好きな野菜を何でも入れていいのです。
野菜スープに合わない野菜なんて存在しないと言ってもいいでしょう。
味付け方法も、いろいろバリエーションに富んでいますよね。
そんな野菜スープの素材に拘ってみましょう。

野菜スープの素材にこだわる

たくさんの野菜をたっぷり入れた野菜スープが栄養満点な事は分かります。
しかしその栄養だって野菜の素材によって大きく異なるって知っていますか?
大量生産や作業の効率アップのために農薬が使われた野菜が当たり前のようにスーパーで売られています。
そんな中で最近は無農薬の野菜が安全で栄養価が高いと注目を集めています。

野菜の多くは実は実そのものよりも皮の方が栄養価が高いと言われていますが、農薬を使っている野菜の場合は皮は食べる事が出来ません。
対して無農薬の野菜なら皮まで安心して食べる事が出来るのです。
少し価格帯が高くても、やはり体にいいものを選んで食べたいですよね。

野菜スープの味付けにこだわる

野菜スープの味付けはバラエティに富んでいます。クラムチャウダー、コンソメ、トマト、卵、スパイスを使ったスープも美味しいですよね。
しかし無農薬の野菜なら味付けはシンプルで、野菜そのものの味を楽しむ事が一番です。
無農薬の野菜を食べて感じる事は味が濃いなという事です。
それが本来の野菜の味なのですが、農薬を使っている野菜に慣れているので濃いと感じてしまうのです。
濃くて美味しい野菜の味をたっぷり堪能できる、野菜スープを食べたいですよね。